最強ドリブル塾〜サッカーのドリブルが上手くなる方法〜

わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾 【KS0001】

最強ドリブル塾はどういうものなの?

 

「もう、心配はいりません。」こちらのドリブル上達法があったら、貴方様のお子さんが

 

身体能力に自信を持てなくても

 

体が小さくても

 

足が速くなくても

 

小学校低学年であっても

 

現在よりも、ゲームで活躍させる事が可能になります。

 

お子様が行なうべき練習はわずか5つ。

 

この5つに取り組んだら、本来、お子様が秘めている個性をみるみるアップさせて、他の子どもには見られない鮮やかなドリブル技術をマスターさせる事が可能になります。

 

怒鳴りつけたり、きついトレーニングをさせる必要性は全くないのです。

 

他の子供より運動神経が悪くても、不安に思う必要性はないのです。

 

この度の練習法で、お子様がエンジョイしながらレベルアップする姿を共に見守って参りましょう!

 

「必死になって努力していると言うのに…。」

 

「他の子と一緒のトレーニングカリキュラムをやっていると言うのに…。」

 

「常に、相手にボールを取られてしまうよなぁ。」

 

お子様のトレーニングやゲームを見た際… 貴方様も、こういった風に感じた事はないでしょうか?

 

我が子が、グラウンドを走り回り、活き活きとサッカーをしている姿を目にするのは楽しいと思います。

 

しかしながら、少年サッカーのケースでは、体のサイズやキック力、走る速さ等の身体能力がゲームの勝敗を左右してしまう特徴があるのです。

 

特に、1対1の攻防においては、体のサイズが物を言う所があるのです。

 

であるからこそ、どれほどお子様が努力していても、悔しい思いをさせてしまう事は致し方ありません。

 

がたいや生まれながらの身体能力は、上には上が居るものです。

 

けれども、心配いりません。結論から申しますけども、体が大きくなくても、身体能力が低くてもお子様を現在よりも、ゲームで大活躍させる手段があるのです。

 

それは、お子様をスーパードリブラーに成長させるやり方になります。

 

余談ですがこのやり方は、私が監督をしている「JSC CHIBA」のアンダー12で現実に取り入れられているのですが、富山、滋賀、新潟等他県の少年チームにおいても成果が現れております。

 

要するに、25年間、1,500名以上のサッカー少年達への教えの中で作られたこの度の「少年向け天才ドリブラー育成法」があったら貴方様のお子さんは、現在よりも輝きを増したプレーを見せてくれる様になるのです。

 

殆どの指導者が分かっていない、少年サッカー指導で一番重要な事とは?

 

それは、目先の勝敗に固執せず、プレーヤー個人のテクニックをアップさせる事を重点に置くという事です。

 

要するに、少年サッカーの指導においては、今日明日の結果以上に、子供達の将来を考えて、 “個人の能力をアップさせる”事の方が大事だと気がついたのです。

 

現実に、この事が分かってから、我々のチームは変わったのです。

 

当然、行なう練習方法も一変しましたが、最も変わったのは子供達の自主性とやる気ですね。

 

目標を、目先の勝敗では無く、個人の技能向上に置く事によって、子供達には良い意味で心の余裕が生まれたのです。

 

また、トレーニングをエンジョイしながら、個人個人のレベルアップが図れる様になって、最終的には、これまで以上に強いチームを作り上げる事が出来ました。

 

「当り前の事を…。」と感じられた可能性もありますが、現実にサッカーの指導現場においては、「個人の能力をアップさせる」といった点にウェートを置き練習が設定されている所は少ないのです。

 

殆どのチームでは、勝敗に拘った戦術的なトレーニング方法を導入しております。

 

また、その戦術は、身体能力の高いプレーヤーを軸に作り上げられているケースが殆どだと思います。

 

けれども、こういった練習方法を導入しても、身体能力の低い子供は最終的には着いていけないのです。

 

折角、サッカーが大好きでチームに入ったというのに、サッカーが楽しく無くなって、その結果、止めて行く子ども達がたくさんいます。

 

少年の時点では、まだその子供が将来どういった成長をするかわからないのです。

 

ひょっとすると、数年後に才能を開花させ、未来の日本を担うトッププレーヤーになる可能性だってあります。

 

にもかかわらず、途中で止めてしまうのは、非常に勿体無いと思います。

 

しかしながら、子供の心はそれ程強くないのです。

 

元々、サッカーが好きで開始した子供達も、「ただ単に勝つ為」のトレーニングだと身も心も持たないですし、やる気が保てないのです。

 

こういった事実があるので、お子様がこれから先、サッカープレーヤーとしてレベルアップする為にもお父さんお母さんの存在は、かなり大事になってきます。

 

お子様の気持ちが折れてしまう前に、貴方様自身がお子様へ、エンジョイしながら自主性とやる気、個人テクニックを伸ばす様な練習方法を伝えてあげる必要性が御座います。

 

それでは、実際的にどういった練習方法が効果が見込めると思われますか?

 

色々な指導実績を積んで、その答えはドリブルの練習にたどり着いたのです。

 

どうして、ドリブル練習が、お子様の能力をレベルアップさせる上で効果のある方法だと思いますか?

 

それは主に3つの訳が存在するのです。

 

最強ドリブル塾の公式サイトはこちらから

 

理由@「体格や身体能力の差を帳消しに出来る!」

 

ドリブル技術は体格や身体能力の差を埋める事が可能です。

 

プロのゲームを思い出してみて頂きたいと思います。

 

身長や体格が劣っていても、走るのがディフェンダーより遅くても立ち塞がるDFをごぼう抜きにするプレーヤーを見かけた事がないでしょうか?

 

これは、少年サッカーでも一緒の事です。

 

特に少年サッカーのケースでは、効果の高いフェイントの掛け方が、殆どのチームで指導されないのです。

 

どれほど体格や身体能力が劣っていたとしても、フェイントの有効な掛け方一つで立ち塞がるディフェンダーを突破する事はちゃんと出来ます。

 

要するに、体格差や、身体能力差が大きい少年期において、ドリブル技術をレベルアップさせる事は、貴方様のお子さんがゲームで活躍する上でかなり大事なポイントになります。

理由A「運動神経が、みるみる育つ!」

 

知っている可能性もありますが、運動神経は少年期に育つのです。

 

従いまして、仮に、お子様を1流の選手に成育させたいのでしたら、サッカーセンスのベースとなる敏捷性、バランス感覚等の運動神経は今の間にレベルアップさせておかなければなりません。

 

一般的に、その為の練習はラダーを踏む等、かなり地味で子供に受け入れられ辛い練習方法だらけなのです。

 

けれども、方法によりますが、ドリブル練習によって、お子様の敏捷性、バランス感覚等のサッカーに欠かすことのできない運動神経を、遊びの感覚を持ってみるみる育てる事が可能になります。

 

ここで育てられる運動神経は、これから先、お子様がどういったスポーツに進んでもずっと役立つ物になるでしょう。

理由B「お子様に“やる気満々の自主性”と“天才的発想力”が培われる!」

 

一番大事なのはこちらの、3つ目のポイントになります。

 

ドリブル練習はやり方によって、エンジョイしながら子供達の“自主性”や“発想力”、“やる気”を育む事が可能だからです。

 

個人の成長の為の私のドリブル練習法は、「どうしたら、更に相手を騙す事が出来るのか?」「どうしたら、更にスイスイとボールを運べる様になるのか?」等、子供達に頭と感性を使うキッカケを多く与えるのです。

 

この考えるチャンスが、お子様の「自主性」と「他の子供には見られない発想力」をみるみるはぐくむのです。

 

また、自分自身の閃きや発想によって現実のプレーに変化や成果が現れた際、お子様は今まで無かった充実感と喜びを手にします。

 

この喜びは、お子様により一層のやる気を生み出します。

 

また、サッカーに対しての関心を一段とアップさせ、上手くなる事に自分からどん欲にさせます。

 

ここまで来ると、お子様は放置しておいても見る見るレベルアップするでしょう。

 

 

最強ドリブル塾の内容を少しだけご紹介します!

 

「ドリブルは簡単ではない。」とたくさんのプレーヤーや指導者が言います。

 

確かに、ドリブルが上手くなる為の練習法はいくつも存在します。

 

例をあげると、走り込み等で下半身を強くする。

 

制球力をアップさせる為に、足首を柔らかくする。

 

多くのフェイントを身に付ける。

 

ディフェンダーとの間合いの取り方を覚える。

 

スピードに緩急を付ける。

 

とにかくボールに触り続ける。

 

一流プレーヤーの動作を研究し、真似する。

 

等が挙げられると思います。

 

本当に多くの練習法が存在しますが、今までの25年間、 1,500名の子供達を教えて来て明らかになった事があるのです。

 

それは、子供達へ行なわせるドリブル練習は5つで充分と言う事です。

 

追い求めたのは、面白くて簡単、と言う点になります。

 

簡単でなかったら、子供はその内容を理解しようとしないのです。

 

面白くなかったら、子供は仕方なくトレーニングをする事になるのです。

 

25年間、私と一緒に頑張って下さった少年達、指導者、保護者の方々のサポートがあったからこそ、完成させる事が出来たこの度のドリブル練習法。

 

本当なら、私が担当するJSC CHIBAだけでしか指導する事が出来ないのですが、今回に関しては特別にお子様のサッカー上達に頭を悩まされている貴方様へ、そのやり方を一般公開させてもらう事となりました。

 

5つの練習方法から、貴方様のお子さんは実際的に何を手に入れる事が可能なのか?その一部をご案内しますと…

 

相手との距離感覚を磨く手段とは?…

 

(お子様がディフェンダーだとしてもフォワードだとしても、相手とのキチンとした距離感覚を持つ事によって、突破率、防御率のどちらも強化する事が可能なのです。)

どうして、ボールに対して足の置く場所を変更すると、トリッキーな動作できるようになるのか?…

 

(些細な事ですけど、フェイントや切り返しの切れ味をアップさせる事が可能です。)

1対1において、お子様の反能力をアップさせるには?…

 

(それは、下半身のある箇所に注目させる必要性が御座います。)

ゲームの中で、バランスを失わない動作をマスターするには?…

 

(こちらのトレーニング方法を行なったら、体幹を体に残す動作が出来ます。)

相手の動作を活用した、オフェンス1対1の勝ち方とは?…

 

(闘牛士みたいに、ギリギリで相手を交わしていてはダメです。大事なのは、間合いを作って、相手の動作を利用する事なのです。)

オフェンス1対ディフェンス2を制する秘訣とは?…

 

(良く、フォワードがディフェンダー2人にマークされる事があるのですが、ある考えに基づいて動いたら、お子様のディフェンダー突破率は劇的にアップします。)

速く突っ込んで来る相手への、効果抜群の対処法…

 

(人間心理に基づいて、相手の隙を意図して作りあげる事ができます。)

 

最強ドリブル塾の公式サイトはこちらから

 

こぼれ球を逃さない嗅覚をマスターするには?…

 

(それは、1対1のある練習方法でマスター出来るのです。こぼれ球を制する者は、ゲームを制すると申し上げても言い過ぎではないと思います。)

意図してこぼれ球を出させるには?…

 

(それには、2人のプレーヤーが力を合わせる必要性が御座います。)

遊び感覚で、お子様の運動神経とサッカーセンスを磨く方法…

 

(笑顔一杯で、サッカーに欠かせない基礎能力をみるみる育てる事が可能です。)

駆け引きがマスター出来る、鬼ごっこ練習とは?…

 

(鬼ごっこの感覚で、お子様はエンジョイしながら、1対1に勝つ上でなくてはならない「駆け引き」を勉強する事が可能です。)

主体的に練習を行なう気持ちを湧き上がらせるやり方とは?…

 

(とてもシンプルな練習方法になりますが、お子様の自主性を見る見る育て、天才的な閃きや発想力を育む上でかなり役に立ちます。)

ドリブルで欠くことができない、足首、膝を柔軟にする方法…

 

(ドリブルのトレーニングを効率良く進めつつ、天才ドリブラーに求められる下半身を作り上げる事が可能です。)

どうして、失敗する速度で練習させるのか?…

 

(それは、お子様に隠れている才能スイッチをオンにする為なのですよ。)

股関節の柔らかさをアップさせるには?…

 

(サッカーばかりでなく、それ以外のスポーツでも股関節の柔らかさは大事になってきます。どうしてかと言うと、パフォーマンスアップと怪我の予防に結び付くからなのです。)

狭い間をスッパ抜く、カミソリドリブルを行なうには?…

 

(それには、2つの大事な点があるのです。)

じゃんけんみたいに、フェイントを自在に操れる様になるには?…

 

(フェイントを自在に操れるプレーヤーは、少年サッカーにおいて逸材です。是非とも、こちらのやり方でお子様へ正しいフェイントが使用出来る様に教えて下さい。)

相手をどかせる3つのフェイントテクニックとは?…

 

(ボールを触らずとも相手ディフェンダーが自動的に道をあける、そんなフェイントを、お子様が仮に使用出来る様になったら?ディフェンダーのごぼう抜きも無理な話ではありません。)

どうして、このフェイントテクニックは相手プレーヤーが動けなくなるのでしょうか?…

 

(ディフェンダーの心理を上手く活用したこちらのフェイントテクニックで、お子様のディフェンダー突破率をアップさせてみてください)

「考える」から「感じる」へ、フォワードのフェイント力を高めるコツとは?…

 

(それは、相手ディフェンダーにあるルールを設定する事がキーポイントになります。)

少年期にプレーヤーをレベルアップさせる秘訣とは?…

 

(25年間の経験によって手にした、私の宝とも言えるアイディアになります。)

一流サッカープレーヤーに備わった、反射神経と適応力をマスターさせるには?…

 

(それは、全ての練習で、ある事に注意させないとダメです。)

対人プレーが不得意なプレーヤーに共通した事とは?…

 

(この共通ポイントを正すには、サッカー以外の所で気を付けないといけない事があるのです。)

どうして、裸足でボールを触る事が大事なのか?…

 

(近ごろ、頻繁に話題になるテーマなのですが、私なりの観点から、その利点を単純明快にお教えしましょう。)

キックを育てるやり方とは?…

 

(それは、リフティングにどんな風にトライするかで決定するのです。)

 

 

最強ドリブル塾の良くある質問について

 

サッカー未経験です。そうであってもこちらのメソッドを子供に教える事が出来ますでしょうか?

大丈夫です。こちらのマニュアルはDVDとなります。

 

ぶ厚い本をペラペラめくって、動作をイメージする様な面倒臭い作業は要りません。

 

取り敢えずその内容をお子様とチャレンジしてみて頂きたいと思います。

 

また、現実にどういった練習を行なったらベストなのかを勉強して頂きたいと思います。

 

勘の良いお子様でしたら、DVDを見せるだけで何かを掴んでしまう可能性もありますね。

収められているメソッドは、素人であっても行える内容でしょうか?

勿論で御座います。こちらのドリブル上達法は、サッカーを開始したばかりの少年であっても、難なく行なえ、、その上申し分無い効果が望めるはずです。

中学生以上が行なっても効果が見込める内容でしょうか?

効果はあると思います。特にフェイントの掛け方に関しましては、殆どの指導者がこちらのやり方を存じ上げておりません。

 

是非とも、お子様やプレーヤーへこちらのドリブル上達法を行なわせて、個々の戦力を高めて頂きたいと思います。

教えて頂いた事は直ちに行なう事が可能でしょうか?

当然直ちに始めることができます。

 

こちらのDVDに収められているメソッドに取り組むのに時間は要りません。

 

DVDを確認しながら、ただちに開始する事が可能です。

返金保証と言いますが、絶対に問題ないんでしょうか?

当然、問題ありません。貴方様が案内書の内容を90日間試されて、成果が一切現れなかった際には、何回ご覧になった後でも、理由に関係なく、手数料735円を差し引いた金額をお振込みさせて頂きます。

 

万が一、「わんぱくドリブル軍団JSC CHIBAの最強ドリブル塾〜子供のドリブルテクニックを楽しみながら上達させる方法〜」の内容を90日間試されて、成果が一切見られなかった…、と言った際には、実践後10日以内に、当社までご連絡の上、お届けした教材一式を返送して頂きたいと思います。

 

最強ドリブル塾の公式サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカーが上達・上手くなる為の教材・マニュアル